舞台メイクの方法(白塗り・日本舞踊・ダンス・バレエ・演劇・よさこい・特殊メイク)

フラダンスメイクの方法|フラダンスメイク使用化粧品

フラダンスメイクの方法

フラダンスメイクベース

メイク前

ラストローションで皮脂や汚れをふき取ります。

ベース

ライトベールファンデーションDC5・DC7またはスティックファンデーションFW3・FW5・626Cを水で濡らし絞ったカットスボンジでのばします。スポンジの程よい湿りが付きを良くします。

ハイライト

ライトベールファンデーションハイライト2またはスティックファンデーションY7でハイライトを入れます。

中心部・眉の下・目の下(三角ゾーン)あごにのばします。

立体感

メイクアップペンシル(コンビ)茶色のほうでノーズシャドウ・ダブルラインを入れます。

チーク(クリーム状のチークがポイント)

ファインチークCH03などを笑顔をして頬の一番高い所を中心に付けていきます。

仕上げ

シルキィパウダーSP1透明をパウダーパフ(パフィン)にとり押さえます。

フェースケーキミニCR3・6Nを水を含ませたカットスポンジスポンジパフなどでパッティングして付けていきます。

さっと簡単に仕上げるときやメイク直しはツーウェイケーキ04~07を使います。

上からもう一度シルキィパウダーで押さえます。

アイメイク

アイシャドウは衣装に合わせてルミエールカラーを選びます。

アイライナーはメイクアップペンシルソフトブラックでまつ毛をうめるように上からステージライナーブラックを使いまつ毛にステージマスカラを使います。付けまつ毛を付けます。

眉はメイクアップペンシル(コンビ)やパウダーを使いアイブロウブラシで整えます。

リップメイク

衣装やイメージに合うリップルージュミニをリップブラシで塗ります。

ボディメイク

フェースケーキミニや(水を含ませたスポンジパフで)リキッドメークアップミニ(ブロンズ)を板刷毛で塗りスポンジパフでパッティングします。

ボディ全体に塗り仕上げにシルキィパウダー(SP1)で押さえます。

艶出し

パールパウダー30をブラシにとり顔やボディに使うのも効果的です。

舞台メイクの方法一覧(よさこい・日本舞踊・日本化粧・バレエ・白塗り・特殊メイク・演劇)

白塗りの仕方(日本化粧)
白塗りの化粧(日本舞踊)

白塗りの方法を解説しています。
本格的な白塗りですので余興メイクなどは、
省いてもいいところもあります。
よさこいメイクの仕方
よさこいメイク

当店にご来店される、よさこいチームの使用化粧品を参考に解説しています。
自髪で踊る日本化粧
日本舞踊の化粧

日本舞踊のメイクの解説です。
基本的な必要化粧品の解説もしています。
バレエメイクの方法
バレエメイク(クラシック)

基本的なバレエメイクの方法を解説しています。
ステージメイクの方法
ステージメイク(宝塚メイク)

ステージメイクの方法を解説しています。
役によってのアレンジ方法も少し解説しています。
ダンスメイクの方法
ダンスメイク

ダンスメイクの方法を解説しています。
和装花嫁メイクの方法
ブライダルメイク(和装花嫁)

和装花嫁のメイクの方法を解説しています。
基本ですのでアレンジするといいとおもいます。
演劇メイクの仕方(老け役)
舞台・演劇メイク(老人)

演劇メイクの老け役の方法を解説しています。
特殊メイクの方法(傷・キズ・やけど)
特殊メイク(傷・アザ・火傷)

特殊メイクの裂傷・打撲(アザ)火傷のメイク方法を解説しています。

タトゥーカバーメイクの方法
タトゥーカバーメイクの方法

ピエロメイクの方法オウグストクラウン
ピエロメイクの方法オウグストクラウン
ピエロメイクの方法ホワイトクラウン
ピエロメイクの方法ホワイトクラウン
キャッツメイクの方法やんちゃなオス猫
キャッツメイクの方法やんちゃなオス猫
キャッツメイクの方法上品なメス猫
キャッツメイクの方法上品なメス猫

ハロウィンメイクの方法きらきら魔女
ハロウィンメイク(魔女)

ハロウィンメイクの方法スケルトンがいこつ
ハロウィンメイク(がいこつ)
ハロウィンメイクの方法かぼちゃオバケ
ハロウィンメイクの方法かぼちゃオバケ
ハロウィンメイクの方法ちびっこゾンビ
ハロウィンメイクの方法ちびっこゾンビ
コスプレ・ものまね・余興の白塗りメイクの方法と商品紹介
コスプレ白塗りメイク

フラダンスメイクの方法
フラダンスメイクの方法
l
kl
kl

基本的なメイクの方法ですのでご自分の使用目的に合わせたテキストをご購入されることをおすすめします。キャラクターメイクなどのテキストは一部ございません。

よさこいメイクの方法(ドーランメイクの方法・フェイスペインティング)

◆よさこいメイクの方法(ドーランメイクの方法)

よさこいメイクの方法

一般的な【よさこいメイク】をご紹介しています。

よさこいメイク使用化粧品一覧

このページの使用化粧品はこちらのよさこい使用化粧品一覧でご紹介しております。


【よさこいメイク使用商品】

クラウンカラー        ----- ホワイト
クラウンカラー        ----- スカーレット
クラウンカラー        ----- マリンブルー
ステージライナー       ----- ブラック
シャレナメイクアップベース
シャレナリキッドファンデーション
シャレナパウダリィファンデーション
ヘヤーパウダー(ラメ)
コンシーラーブラシ

*商品は一例ですので必要に応じてポイントメイク等、購入されることをおすすめします。
*夏場の踊りで化粧崩れするという声をよくいただきますので、
  ファンデーションを紹介しています。
*ベースメイクが大丈夫な方は、ポイントメイクをご参考ください。
ラメが流行しています!!


1.メイク前

石けん等で洗顔します。(皮脂や汗が残っているとメイクの付きが悪くなります。)
よさこいメイク メイクアップベースよさこいメイク メイクアップベース

2.下地

シャレナメイクアップベースを顔の5点に置き、顔の中心から外に向かって伸ばします。
下地クリームやファンデーションをしっかりしておくと化粧崩れしにくくなります。
*紫外線防止剤配合です。
よさこいメイク リキッドファンデーションよさこいメイク リキッドファンデーション

3.ファンデーション

シャレナリキッドファンデーションを下地クリームと同じように顔の5点に置き、顔の中心から外に向かってスポンジで伸ばします。
*紫外線防止剤配合です。
よさこいメイク 肌の仕上げパウダーファンデーション

4.肌の仕上げ

シャレナパウダリィファンデーションを 顔の中心から外に向かってスポンジで伸ばします。
*紫外線防止剤配合です。
よさこいメイク ポイントメイクよさこいメイク ポイントメイク

5.ポイントメイク(目)

目はりはクラウンカラー(スカーレット/レッド/ディープレッド写真はスカーレットです。)で目尻を強調していれます。使用しているのはコンシーラーブラシです。
よさこいメイク アイライナーよさこいメイク アイライナー

6.ポイントメイク(アイライナー)

リキッドアイライナー(ステージライナーブラック又は、ルボタンライナーブラック・ネイビーブルー)で目元を強調します。
よさこいメイク 鼻筋よさこいメイク 鼻筋

7.鼻筋

お好みによりクラウンカラーホワイトでコンシーラーブラシを使用し鼻筋を強調します。
よさこいメイク フェースよさこいメイク フェース

8.フェース

クラウンカラーマリンブルーでコンシーラーブラシを使用しフェースペイントを行います。
お好みによりチームカラーやコスチュームに合わせて色を楽しんでください。
応用編
よさこいメイク 応用(目元)よさこいメイク 応用(目元)

1.目元

下のラインにもブルーを入れたり、フェースのラインを入れずに目元を強調してもいいとおもいます。
目元のレッドとブルーの間にホワイトを入れると、お互いのラインが強調されます。
*遠めから見ると目立ちませんので目元はキツメに入れられることをおすすめいたします。
よさこいメイク プチテク(ラメ)よさこいメイク プチテク(ラメ)

2.プチテク

最近よくテレビ等で目にするのは目の回りのラメです。キラキラ光っていると躍動感がでると
思います。フェースにブルーラインを写真では入れてますがラメを入れられる場合は、無いほうが
すっきりしていいとおもいます。ラメは透明のグロスに混ぜて塗ります。
よさこいメイク完成よさこいメイク完成

3.よさこいメイク完成

色はよく使用される色を使っていますが、チームの衣装に合わせて、イエロー・グリーン・ピンク
などを楽しみながら選んでみてください。

みなさん楽しんでくださ~い!みんなで元気になりましょう!
よさこいメイク使用化粧品一覧へ

白塗りメイクの方法|日本舞踊・日本化粧編

コスプレ・ものまね・余興の白塗りメイクの方法と商品紹介
白塗りコスプレメイクや余興メイク編はこちら

白塗りの方法
白塗りメイクの方法|日本化粧|日本舞踊|舞妓

白塗りメイク前白塗りメイク下地
メイク前
石けんで洗顔します。
かつら下
羽二重・女性用で少し目をつり、
かつら下をつくります。
眉つぶし
太白または歌舞伎油(硬練り)で
眉をしっかりねかせます。
カバーペンシルC-1で眉毛を消します。
下地
歌舞伎油2又は3を両手のひらで
熱くなるまで練り、えり・首・顔全体
にしっかりすり込みます。
白塗り
歌舞伎白粉をヘラでとき皿に出し、
水で溶き(板刷毛で)、その刷毛で
全体に塗ります。
スポンジパフで水分をとり乾かします。
白塗りメイクぼかし紅白塗りメイク目はり
ぼかし紅
トノコ2Pをとき皿に出し、顔に塗った
白粉と混ぜ、眉下から鼻筋の両側、
まぶた、目の下に長板刷毛・24で紅
を入れ、義太夫刷毛で刷き乾かします。
粉白粉20で、えり・首・顔をおさえます。

目はりはライニングカラー4B+4C
又はアクアカラー京水紅で入れます。(筆)

目はりで使った同じ紅で下書きします。
白塗りメイク目・眉白塗りメイク仕上げ

ステージライナー又はアクアカラー・ブラックで
アイライナーを入れます。

アクアカラー又はライニングカラー・ブラックで
上書きします。
口紅
目はりはライニングカラー4B+4C
又はアクアカラー京水紅で描きます。
手・足
衣装をつけた後、顔の化粧と同じ順序で
白く塗ります。
仕上げ
白塗りのムラがある時はツーウェイケーキ00番(白)で
補正します。



バレエメイクの方法(クラシックバレエ)使用化粧品販売

バレエメイクの方法

バレエメイクの方法(クラシック)

バレエメイク前バレエメイク立体感・ハイライト
メイク前
ラストローションで拭き取ります。
その後フェース&ボディーローションで
お肌を整えます。
ベース
グリースペイント23Pか24P、ステージ
ファンデーションプロピンク2を
水でしぼったスポンジでのばします。
立体感
ノーズシャドウはカバーペンシルC-4を
鼻筋に、筆でアイホールにダブルラインを。
ハイライト
グリースペイント4をTゾーン、眉弓骨、目の
下に置き、ぼかします。
チーク
スティックファンデーション・ピーチ3をほほ骨
に沿ってぼかします。
ラストローション・フェース&ボディーローション・グリースペイント・ステージファンデーションビューティーカバーペンシル・グリースペイント・スティックファンデーション
バレエメイク下地仕上げバレエアイメイク
粉白粉SW(透明)を粉パフでおさえます。
お肌の仕上げはフェースケーキのピンク
やアンバーローズを水を含ませた
スポンジパフにつけ、パッティングしなが
ら仕上げます。再度、粉白粉をします。
アイメイク
ダブルラインの内側に役のイメージに
合ったアイシャドーをプラスカラー、
フェースカラーでいれます。
アイライン
ステージライナーのブラックやホワイトで
目元の上下を美しく強調します。
アイブロウ
ペンシルコンビの茶や黒で顔型や役に
合わせ描き眉ブラシでぼかします。
粉白粉・フェースケーキ・スポンジパフプラスカラー・ステージライナー・フェースカラー
バレエメイク・リップカラー・付けまつ毛バレエメイク・ボディーメイク
リップカラー
シャレナカラーリップで役に合わせ立体的に
描きます。リップペンシルも仕上げに使います。
付けまつ毛
S-7を中心にアイラインの
2~3MM上につけます。
チークカラー
ほほ紅の1,2,3で美しく仕上げます。
シャレナカラーリップ・ほほ紅・シャレナチークカラー・付けまつげボディーメイク
フェースケーキのアンバーローズやピンク
やナチュラルローズを水を含ませた
スポンジでお肌にすり込み粉白粉SWで
おさえます。


日本舞踊のメイク方法

日本舞踊・日本化粧(自髪で踊る)

日本舞踊・日本化粧(自髪で踊る)メイクの仕方

日本舞踊メイク/メイク前日本舞踊メイク/ぼかし紅
メイク前
ラストローションで拭き取ります。
その後、フェース&ボディーローション
でお肌を整えます。
ベース
グリースペイント23Pか24Pを調色し、
水でしぼったスポンジでのばします。
ぼかし紅
スティックファンデーションピーチ3を
スポンジにつけ、目の下とまぶたに
入れぼかします。
眉頭から鼻筋の両脇にも紅を入れ
鼻筋を通します。
ラストローション/フェース&ボディーローション/グリースペイントスティックファンデーション・スポンジ
日本舞踊メイク/鼻筋日本舞踊メイク/肌の仕上げ
鼻すじ
グリースペイント4(白)を鼻すじと額に
入れぼかします。
粉白粉
SW(透明)で顔全体をパフでおさえます。
肌の仕上げ
クイックパウダーW-1をとき皿にふり出し
水でとき、リキッドメイクアップホワイトを
少し混ぜ、板刷毛で顔全体に塗ります。
(刷毛はよくしぼる。)
スポンジパフでパッティングし水分を
取ります。
グリースペイント・粉白粉・粉パフクイックパウダー・刷毛・スポンジパフ・とき皿
日本舞踊メイク/目はり/眉/口紅日本舞踊メイク/衿・首・手
目張り
目張りはライニングカラー4C又は
アクアカラー・京水紅でいれます。
アイラインはステージライナー・ブラック
で入れます。

下書きはペンシルレッドで描き、仕上げ
はブラックで上のラインを美しく眉ブラシ
でぼかします。
口紅
ライニングカラー4Cで形よく描きます。
エリ・首・手
フェース&ボディーローションで肌を整えた後、
フェースケーキW-1を水を含ませたスポンジで
肌にしっかりつけ、そのうえにリキッドメイク
アップホワイトをよく振ってとき皿に出し
板刷毛で塗り、ぼかします。
粉白粉SWでおさえます。

ブライダルメイクの方法(和装花嫁)/ウェディングメイク

和装花嫁メイクの方法

ブライダルメイクの方法(和装花嫁)

メイク前
ラストローションで拭き取ります。
フェース&ボディーローションでお肌を
整えます。
ベース
グリースペイント23P+24Pを調色し、
水でしぼったスポンジで顔全体にムラなく
塗ります。
ぼかし紅
スティックファンデーションピーチ2を
スポンジにつけ、目の下、まぶたに
パッティングしながらぼかします。
ノーズシャドウも同じ紅で眉頭から
鼻すじの再脇にいれぼかします。
鼻すじ
グリースペイント1を鼻すじと額に入れ、
スポンジでぼかします。
粉白粉
SW(透明)でおさえます。
肌の仕上げ
クイックパウダーW-1をとき皿に出し
水でとき、板刷毛でしっかりとうすく塗り
ます。スポンジパフでパッティング
しながら水分を取ります。
粉白粉
SWでもう一度おさえます。

ペンシル・メディウムグレーで和装風
(三日月眉)に仕上げ、上のラインは
ハードブラックで形を美しくだします。
眉ブラシでぼかします。

ペンシル・ソフトグレーでまつ毛の根元
を強調し、シャドーブラシでぼかします。
シャレナマスカラでまつ毛を美しく仕上
げます。
口紅
ライニングカラー4C+シャレナカラー
リップPK-1でやや小さく描きます。


ステージメイクの方法

ステージメイクの方法

ステージメイクアップの方法(基本)


ステージメイクアップ(基本)/メイク前
ステージメイクアップ(基本)/立体感/ハイライト/チーク
メイク前
ラストローションで拭き取ります。
その後フェース&ボディーローション
でお肌を整えます。
ベース
グリースペイント23Pか24P、ステージ
ファンデーションピンク2を水でしぼった
スポンジでのばします。
立体感
ノーズシャドウはカバーペンシルC-4を
鼻筋に、筆でアイホールにダブルラインを。
ハイライト
グリースペイント4をTゾーン、眉弓骨、
目の下に置き、ぼかします。
チーク
スティックファンデーションピーチ3を
ほほ骨に沿ってぼかします。
ラストローション/フェース&ボディーローション/グリースペイント/ステージファンデーションビューティーカバーペンシル/グリースペイント/スティックファンデーション
ステージメイクアップ(基本)/粉白粉ステージメイクアップ(基本)/アイメイク/アイライン/アイブロウ
粉白粉SW(透明)を粉パフでおさえます。
お肌の仕上げはフェースケーキのピンク
やアンバーローズを水を含ませたスポンジ
パフにつけ、パッティングしながら仕上げ
ます。再度、粉白粉をします。
アイメイク
ダブルラインの内側に役のイメージに
合ったアイシャドーをプラスカラー、
フェイスカラーでいれます。

アイライン
ステージライナーのブラックやホワイトで
目元の上下を美しく強調します。
アイブロウ
ペンシルコンビの茶や黒で顔型や役に
合わせ描き眉ブラシでぼかします。
粉白粉/フェースケーキ/スポンジパフプラスカラー/フェイスカラー/ステージライナー
ステージメイクアップ(基本)/リップカラー/付けまつげ/チークカラーステージメイクアップ(基本)/ノーズシャドウ/ボディーメイク/仕上げ
リップカラー
シャレナカラーリップで役に合わせ立体的
に描きます。リップペンシルも仕上げに
使います。
つけまつ毛
S-7を中心にアイラインの2~3mm
上につけます。
チークカラー
ほほ紅の1,2で美しく仕上げます。
シャレナカラーリップ/ほほ紅/シャレナチークカラー/付けまつ毛ノーズシャドウ
ほほ紅1,2やシャレナフェースカラー
のバイオレット、ロイヤルパープルで上品
に仕上げます。
ボディーメイク
フェースケーキのアンバーローズやピンク、
ナチュラルローズを水を含ませたスポンジ
でお肌にすり込み粉白粉SWでおさえます。

ダンスメイクの方法

ダンスメイクの方法


ダンスメイクの方法(モダン・ラテン・フラメンコ)

ダンスメイク/メイク前ダンスメイク/立体感/ハイライト/チーク
メイク前
ラストローションで拭き取ります。
その後フェース&ボディーローション
でお肌を整えます。
ベース
スティックファンデーションHV-2YR
かFW-3をしぼったスポンジでのばし
ます。
立体感
ノースシャドウはカバーペンシルC-4を
眉頭から鼻先に向かってぼかします。
ハイライト
スティックファンデーションHV-1Wか
Y-7をTゾーン、目の下、眉弓骨に置き、
ぼかします。
チーク
スティックファンデーションピーチ3や
ピンキィをほほ骨から下にぼかします。
ラストローション/フェース&ボディーローション/スティックファンデーションビューティーカバーペンシル/スティックファンデーション
ダンスメイク/肌の仕上げダンスメイク/アイメイク/アイライン/アイブロウ
肌の仕上げ
粉白粉SW(透明)を粉パフでおさえます。
お肌の仕上げはフェースケーキのCR-2
やアンバーローズを水を含ませたスポンジ
パフにつけ、パッティングしながら仕上げ
ます。再度、粉白粉をします。
アイメイク
アイホールにドレスの色やイメージに
合ったアイシャドーをプチカラー、
フェースカラーでいれます。
アイライン
ステージライナーのブラックやホワイト
で目元の上下を美しく強調します。
アイブロウ
ペンシルコンビの茶や黒で顔型に
合わせ描き眉ブラシでぼかします。
粉白粉/フェースケーキプチカラー/シャレナフェースカラー/ステージライナー
ダンスメイク/付けまつ毛/リップカラーダンスメイク/チークカラー/ボディーメイク
付けまつ毛
S-1又はS-5をアイラインの2~3mm
上につけます。
リップカラー
シャレナカラーリップでドレスの色合わせ
立体的に描きます。
リップペンシルも仕上げに使います。
チークカラー
ほほ紅の1、2で美しく仕上げます。
ボディーメイク
顔と同色のフェースケーキを水を含ませた
スポンジで塗り、ソフトベールパウダー
TL-1(透明)でおさえます。
シャレナカラーリップ/ほほ紅/シャレナチークカラー/付けまつ毛ソフトベールパウダー

演劇メイク(老人)の方法

舞台メイク老人・演劇メイク老け役の方法

演劇メイク・舞台メイク老人・老け役

演劇メイク(老け役・老人)演劇メイク(老け役・老人)
1.
ラストローションで肌の余分な皮脂を拭き取り、スティックファンデーション(DW-1など)を多少ムラになるように塗ります。
2.
カバーペンシル(C-4)でくぼませたいところ(額のシワ、コメカミ、眉間、まぶたや目の下のくぼみ、目尻、小鼻のわき、口角など)にシャドウをいれます。

3.

逆に高くみせたいところにスティックファンデーション(Y-7)またはグリースペイント(4)でハイライトをいれます。
(2でくぼませた部分の上下左右をふくらます。)
演劇メイク(老け役・老人)舞台メイク老人・演劇メイク老け役
4.
メイクアップペンシル(コンビ・茶)でシワやシミを描き、ラインの端はぼかします。
(2、のくぼみを強調する。)

5.

粉白粉(SW)で押さえます。
6.
ヘアシルバー(クリーム)で、生え際に白髪をいれます。眉毛も逆立てるように塗ります。
まつげにも塗って下さい。つけひげや、クレープヘヤー等をつけたりシミを入れると効果的です。

7.

仕上げにプラスカラー(ブラウン、ホワイト)で陰影を強調します。

8.

唇にもペンシルでシワを入れる。

ワンポイント

おばあさんでかわいい感じを出すなら、女性色のベースの上にほほ紅(2)やプラスカラー(オレンジ)で赤みをプラスします。

使用化粧品

ラストローション
スティックファンデーション
ビューティーカバーペンシル
グリースペイント
メイクアップペンシル
粉白粉
ヘアシルバー
つけひげ
クレープヘヤー
ほほ紅
プラスカラー

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • メーカー休みの為お取り寄せが遅れる日

最短での発送をこころがけておりますが、金曜日13時以降のご注文は、当店に在庫がない場合は翌週水曜日発送となりますのでご了承下さい。余裕を持ってご注文下さい。当日発送受付時間は15時までとなっております。

当店公式インスタグラム

ページトップへ